忍者ブログ

武蔵一族 中部地区支部長の連絡忍 千(sen)の忍活日記です。

カテゴリー「忍活」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今頃になりましたが、
年が変わってしまう前に!!



AM1:00頃到着し、
なんだかんだして仮眠。

朝7:30頃・・・だったかな?
起床。

朱雀様と朝食&おしゃべりタイムを楽しむ(>▽<)

ゲットした黒い作務衣を身に纏い、
みんなに抜け駆けして、9時頃から掃除開始!!

しかし、、
この作務衣。
Mなのにズボンが大きい気がする。
足首で絞れるようになっているので、
なんか袴みたいになってる・・・。

この時は全然気づきませんでしたが、
家に帰って洗濯して、
干そうとした時にタグを見たら
『LL』
と書いてありましたΣ(゜□゜|||)
(もっとはやく気づけよ。。)

上がMだったからてっきり。。


さてまあ、ぶかぶかのズボンのままお話は続く。

10時頃に、いのにいさま&隠在若が到着。
本格的に掃除開始っ!!

しころ姫、頭目さま、さくら姫、すみれ姫、
嵩丸さん、芭蕉さん・・・
・・・確か午前中に来た人はこれぐらいだったような!

掃除の様子はコチラを参照!


午後にはもっと人が増えて、
あーだこーだ、
なんだかんだ、
賑やかにごちゃごちゃに掃除を無事終えました!!


そして、いのにいさまによる掃除終了のシメの挨拶。

その時、仕掛け忍として前に出る絆果の皆。
そして名前を呼ばれる私。。

なんと、忍者選手権大会の優勝祝いで、
贈り物を頂けると!!

目を瞑って後ろを向く・・・。

ガラスに映って見えてしまわないよう、
カーテンを閉める徹底ぶり!

・・・
・・・・
そわそわする私を余所に、
写真を撮っている皆Σ(゜□゜)
・・・・・


準備なげぇ!!(笑)


『振り向いて下さい』の合図!
振り返るとそこには、、

P1020307.jpg












千羽鶴ならぬ、
千枚手裏剣!!!
・・・千だけにっ!?
・・・・・名前が萬だったら一体(略

しかも!
黄金に輝く手裏剣!!

折り紙1パックに1枚とかしか普通入っていないのに!


かつしかの時、手裏剣を折ったので、
千枚も準備するのがいかに大変か私にも分かります。。

1ヶ月も前から準備してくれていたとのこと。

すでに感動で泣く寸前でしたが、
ここは耐えて笑顔で記念撮影(>▽<)
439aa43d.jpeg












すばらしく褒め称えてもらっている写真が撮れました♪

とんがりんじゃさん、約束は果たしました!(笑)
(※忍者選手権大会のDVDを送って貰ったときに、褒めてもらってるところをアップするようにと約束してました!)



千枚手裏剣作成&贈呈詳細は『しころぐ』参照!
作成の様子
贈呈の様子


そしてその後は、菱パーティー開始っ!!
菱パーティー詳細は、
コチラ

全部しころ姫のブログにのっかってやったぜー!w

二階はいっぱいいっぱい!!
81ce3c03.jpeg












この日の為にしころ姫が『菱酒』を!
さくら姫が『食用菱』をゲットしてくれました!!

abc01f1f.jpeg













楽しく宴会をしていたのですが、
千枚手裏剣の作成について話を聞いていたら、
感極まって号泣してしまいました(T-T)

いのにいさまが、娘さん達に『千ちゃんを泣かせた』と怒られてしまいました(^^;
いのにいさますまない(><)

ほんとに嬉しかった~>▽<

中心になって折ってくれた絆果会の皆、
助っ人で折ってくださった皆様、
ほんとにありがとう!!

嬉しかった(*^▽^*)

あと、いのにいさまが更に、
大会の時の写真でカレンダーを作ってくれました~♪


b3d9d3e6.jpeg













飾るとこ考えないとですが・・・

嬉しいです!
大事にします!



宴もたけなわになり、
カラオケをしに行くことに(>▽<)


メンバーは、
・朧さま
・城尊さま
・習志野若
・嵩丸若
・しころ姫
・千

詳細は省きますが、
皆超うめぇーーΣ(゜□゜|||)

あまり時間がなかったのが残念でしたが、
また行きたいです!


そうして一日目は終了♪
楽しい日でした!

拍手[3回]

PR

さて後編です!

お昼ごはんを食べた後、
『池田先生解説!伊賀の史跡&植物ツアー』
に行ってきました(>▽<)


長くなるに違いないので、
植物については別の記事に書くことにします!


参加者は私と伊蔵さん!
もともと、菱ハントに連れて行ってもらうようお願いしたのですが、
とても豪華なツアーとなりました(^▽^)b


まずは、百地城跡へ行こう!
という予定だったのですが、
池田先生、道を間違える。(ばらしてやったぜっ!)

間違いついでに寄り道!
先生ポジティブすぎるっ!


ここからは箇条書きで行きましょう(^▽^V



①ムクロジ拾い
お昼ごはんの時に、先生がおもむろに何かを取り出す。
『これはなんでしょう?』

普段であれば絶対分からなかったと思うのですが、
つい先日、武蔵一族絆果会で話題にあがったアレに違いない!!

『羽子板の羽のやつ!!』
(名前が出てこなかったのが悲しい所。)

まさかこの日に実物が見られるとは思っていなかったので超感動!
そしてさらに伊賀にムクロジの木があるとのこと!

それで寄ってくださいました!


伊蔵さんと、
『どれどれ?』
『どこどこ?』
といいながらキョロキョロ。


『はいこれでーす!』
(写真撮り忘れた。。)

既に葉は落ちた後の木でしたが、
地面を見ると黒い種が!?


突如道端で屈み込み何かを拾い出す女と忍者。
通りがかった人の目など気にしていては、
現代の忍びは務まらないのだ~!




②役行者(役小角)像見学


先生『役行者って見たことある?』
千『忍びの館にあるやつなら(※下の写真)』

先生『本物は?』
千『本物?? ないです(><)』
先生『よし見に行こう!』


ぶ~ん(←車の音)


てなノリでやってきました。
忍びなら誰でも(?)知っている、
役行者像見学に!


先生がここで取り出したるは、
じゃ~ん!

伊賀の役行者リスト!!


「なんじゃこりゃ~~」Σ(゜□゜ノノ) ←千
「こんなもんがあるんか~い」Σ(゜□゜ノノ) ←伊蔵さん
(↑のコメントだったかは忘れましたが(笑))

まあ目をぱちくり。
なんと伊賀には沢山の役行者像があるそうな・・・


その中でも先生イチオシの役行者像がコチラ!!

この座り方をしている像は大変珍しいそうです。
前鬼(ぜんき)<左>と後鬼(こうき)<右>
もちゃんといます!
(・・・あれ?前後あってるかな?(--;))

今度、伊賀役行者像ツアーやってみたいかも(笑)
・・役行者スタンプラリーとかあったら面白いのに!!

集客能力は皆無に近そうだけど!!




③百地城跡

いきなり余談ですが、
『ももち』でも『ももじ』でも漢字変換出なかったことにびっくり!


さて、やってきました!
伊賀の3大上忍の1人、
『百地丹波守(ももちたんばのかみ』の城跡です!


ちなみに『百地』は
もともと『ももち』と読みましたが
天正伊賀の乱の後
『血(ち)』という言葉を忌み嫌うようになり
『ももじ』に読み方を変えたそうです(><)


先生の解説付という豪華ツアー開始!
史跡についてや植物について色々と教えて頂きつつ
見学見学!


敷地の中には、
砦跡以外にも、お寺やお墓、
石像に鐘楼、
それにこわーい塚までありました。


・百地家のお墓。


・お寺。

喰代(ほおじろ)百地家の家紋『ささりんどう』


・池。

ハスが咲くようです(>▽<)
先生いわく、じゅんさいも採れるとか。。


・砦跡。

土塁がすごい高さでした。



のどかな眺めは最高!



・・・そして


・式部塚。

これはこわーいお話付。


私が自分の書き方で書くと、
かなり偏見が入ってしまいそうなので、
他サイトより引用。


↓ ↓ ↓

百地伝説:
伝説は 今はむかし、南都(南朝の都が吉野にあった)の頃、
当代の百地丹波守は、北面の武士として、
吉野朝に出仕し、宮廷の守護に当たっていましたが、
たまたま式部の官にある官女と恋愛関係におち入り、
深く将来を約しました。

任満ちて丹波は伊賀へ帰りましたが、
式部も期をうかがって宮仕えを辞し、
丹波のもとへ来ることになっていました。

式部が約束どおり吉野を出発したという知らせに、
丹波は日を計って島ヶ原に迎えに行きましたが、
式部は他の道から来たので行き違いになり、
式部は丹波の留守中に、
愛犬を伴って丹波の砦に到着しました。
美しい官女の来訪に、
かねて式部のことを知っていた丹波の妻は嫉妬に狂い、
家来と語って式部を殺し、邸内の古井戸に投げ込みました。

丹波は帰宅後、式部の愛犬の白犬が邸内にいることを認めて不審に思いましたが、
白犬の案内で、式部が井戸に落ちて死んでいるのを発見しました。

そして、女房も同じ井戸に身を投げて死にました。

丹波は、この井戸を埋め、
塚としてその塚の上に樒(しきみ)を植えて、
自身は高野山に登り僧となって、二人の菩提をとむらいました。

それで、この塚を式部塚とも樒塚とも呼ぶようになりました。



とのことらしいです。


式部を殺した家来は石川五右衛門であったとか、
本妻は死んでおらず、石川五右衛門と駆け落ち(?)したとか、
そんな話もあるそうです。


ちなみに塚に植わっているのは、
実際にはシキミではなくサカキだという・・・。

うーん、真実やいかに・・・?



まあとにかくそんな伝承があり、
今でも、ここに参ると、
夫や彼氏の悪縁(愛人)が切れるというお話で、
かみそりやはさみ(刃物)を供えて参る女性が後を絶たないとか。。


ふーん・・・
と、先生の話を聞きながら私先頭で式部塚に接近。


私は霊感とか無い方で、
幽霊とかも信じていませんが、、


とある位置まで来たら、急に丹田のあたりがずしっと重くなり、
顔を上げるとそこに塚が現れましたΣ(゜□゜)


めげずに近づく。。


刃物いっぱいあるーーΣ(゜□゜)


お祈りに来る方、たくさんいらっしゃるようです。

(手を合わせた後に写真とりましたっ)



でも、殺された妾さんに、
愛人との縁を切ってもらうって、
おかしいと思うんだけどなぁ・・・(--;


塚を離れると、一定の距離でおなかが軽くなる。。


・・・なんだったんだろうΣ(゜□゜)


たぶん気のせいだなっ
でもちょっと不思議体験おもしろかった!(←不謹慎)



・88ヶ所の石像(写真無し)

・鐘楼(写真無し)


・かかし

道中で見つけました(笑)
(※百地城関係なし)



百地城跡以上!!




④パワースポット(かどうかはわからない)

大きな木(名前忘れた><・・・カゴノキ?)
があるところへ。


・・・あまり気にしていなかったので
行ったところが神社なのか寺なのか覚えていない私。。


鹿の子模様(すごく迷彩柄っぽい(笑))が美しい巨木!

巨木の中に楓の木が入り込んで、
なんか良い感じです!


そこからの眺めも良いし、
癒されました(>▽<)




⑤菱探し

今回のメインイベント菱探し!


某池に行きました。
池岸に下りると、
あるある。。
菱がいっぱい(>▽<)


しか~し、
お目当てのオニビシ&ヒメビシではなく、
2本角の普通のヒシしかありませんでした。。


でも、乾燥していない、
水中にある実の詰まった生きの良いヒシ君達を、
この寒い中、先生がじゃぶじゃぶと池に入ってゲットしてくださいました!
(長靴完全装備!! さすがです!)


よーし、これでひしみん育成計画が出来そうだっ(^▽^*)


 

こうして盛りだくさん伊賀ツアーは終了!


池田先生、長時間ありがとうございました♪


次回もよろしくお願いします(笑)

拍手[5回]

とあるお方からご指摘を頂きましたので、
先日の伊賀市民講座のお話について訂正させて頂きます!

「しのびのもの」と「にんじゃ」についての区別の所です。

歴史上の記録に「忍者」という記載がない。
というのは、私の思い違いでした(><)

前近代では「忍者」という表記はあるものの圧倒的に少なく、
あっても「しのびのもの」と読ませており、
「にんじゃ」とは読んでいなかった。

というわけで、
・歴史的な忍者、実像としての忍者を、
 「忍び」「忍びの者」
・文芸・芸能などに登場する虚像としての忍者のみ
 「忍者(にんじゃ)」
と区別する。

とのことでした。


きちんと確認せず、うろ覚えのまま間違ったことを書いてしまって、申し訳ありませんでしたm(_ _)m
訂正してお詫び申し上げます。。

ご指摘ありがとうございました!

拍手[2回]

田端日記はまた後にして、
とりあえず土曜日の日記から!



第3回目の伊賀市民講座に行ってきました!



途中ローソンでこんなものをうっかり買ってしまいました(*^^*)

体力回復!
さあ狩るぞ!!
…じゃなかった、走るぞ!!

高速渋滞を回避し、途中下道を走るも、
事故渋滞に巻き込まれる!!

これは遅れるかも!?
と思いましたが、
無事10時過ぎに到着(>▽<)

会場に入ると、
まだ席はガラガラ!!
前回同様、最前列(右寄り)を確保っ(*^^*)

しかしこの時点で結構眠いという。。
先生に失礼なく終えることが出来るのか私っ!?

しばらくすると、見知った方がちらほら。
私の忍脈も広がってきたなぁ・・・と思いつつ講座開始!

今回は、三重大学人文学部の吉丸先生による、
『近世小説の中の忍者』
という講座でした!

パワーポイントを使用して
前回の歴史による視点からではなく、
文学的な視点から考察されており、
嵩丸さんが好きそうな話だなぁと思ったりしてる間に終了!

無事寝ることなくお話を聞くことができました(>▽<)

内容についてもうちょっと解説したいところなのですが、
日記滞っちゃうので割愛。
機会があったら書きます!(これ書かない感じだけど。。)


あ、一つだけ書こう!
(記憶を辿っているので間違ってたらごめんなさい)
まだあくまでも三重大内だけでの区別らしいですが、
研究する上で、
実在した歴史上の忍者のことを『忍びの者』
小説や空想の忍者のことを『忍者』
と分けて呼ぶようにされているらしいです。

歴史上の記録では、『忍者』という記載は無いそうです!
↑ここ含め、間違った記載、補足がありますので、
 コチラもあわせてご覧下さい!

 
 

私も真似して(なるべく)そうやって分けて使おうかなぁ~。


講座終了後、
Facebookの忍友で初対面の、伊蔵さんにご挨拶。
忍び装束が良くお似合いの、
長身でワイルド&ダンディーな忍び様でした(*>▽<)


とりあえずごはん。
ということで、
伊賀流忍者店のマーシー店長さん、
読売新聞記者のYさん、
忍者研究家の池田先生
伊蔵さん
と、伊賀忍者御用達のお店『シャコンヌ』さんへ!


忍者牛丼定食(1000円)を注文し、
色々おしゃべり。

いろんな視野をもつ忍びの皆さんのお話を聞くのは勉強になります。


ここで、池田先生にお願いしてあったとある資料をお借りする。

早速コピーをとるべく、
商工会議所へ走る走る~~!

くのいちの実力をみせてやるぜー!
とダッシュで階段を駆け上がり到着!!


すると、職員さんと女性の方がお話中。
職員さんにコピーさせて欲しい旨を伝え、
コピー機に向かうとき、
女性の方に声を掛けていただく。

女性『あら、忍者さん?』
千『はい!』

そのまま移動。

コピー機に到着したぐらいで、
さっきの会話がちょっと面白かったことに気づく(遅


何で私が忍びって分かったんだろう・・・(そこじゃない?




で、コピー機不調の間に、女性がこちらへやってきて、
別の職員さんとお話している。

どうやら忍者普及的なお話中・・・。


(実は人見知りな私ですが)思いきって声をかけてみる。

女性はとても気さくな方で、
色々お話を伺う。。


途中、この方どこかで見たことが・・・と思う。

(間違ってたら恥ずかしいなーと思いながら)勇気を出して聞いてみる。
千『もしかして忍者ヨガの先生ですか?』

あたりでした(>▽<)

いつぞや、朝の情報番組『ドデスカ』で拝見した先生でした~!


そして話は盛り上がる。
あいにく名刺を切らしてしまっているという大失態でしたが、
貴重なお話も色々聞けました!

気づくと結構時間が経っていた。。

話し終わって急いで戻る。


『早っ!』
と言わせる予定が、
『遅かったね~』
と言われてしまいました(笑)

ごはんはまだ暖かかったです(^▽^
もし待ってもらってたならすみませんでしたm(_ _)m



忍者牛丼!!

ただの御飯?とみせかけて、、


中から牛~~>▽<
(微妙な写真ですまない!)

超おいしかったよっ!



む、、お昼御飯のとこまでで既にかなり長文化してしまったぞっ。



後編へ続く>▽<

拍手[2回]

今日は伊賀市民講座にいってきました!

でも、超眠いので日記はまた明日…


先週末の田端日記もまた書きます(^o^;)


こんなチラシをゲットしてきました!


ポスター10枚に、
チラシいっぱいもらってきました!

どこかにポスター撒かねば!

岡崎城とかはってくれないかなぁー

拍手[2回]

  
※ ブログ引越しのお知らせ ※
このブログは残しますが
今後はNEWブログををご覧頂ければ
嬉しいです♪

移転先ブログURL

母くのいち千 忍活日記
http://hahakunoichisen.blog.shinobi.jp/
武蔵一族PV ショーver.
☆ホームページ☆

☆忍者体験☆
北区田端の道場では
忍者や侍の体験を
提供しております!
詳しくは
>コチラ<
をご覧ください。

御問い合わせは
kunoichi.sen@gmail.com
でも受け付けております♪
お気軽にどうぞ!
菱の実プロジェクト進行中!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
性別:
女性
自己紹介:
三河の国在住のくのいち、千と申します。
東京都を拠点として活動する、武蔵一族の連絡忍として所属しています。
'13年4月より、中部地区の支部長を拝命しております。
普段は一般人に紛れて生活しています。
>自己紹介ページ<
以下にも生息中
Facebook
~武蔵一族 千~

Twitter
~武蔵一族 千@KunoichiSen~

Ninja Fan Communication
~.千~
http://ninjasns.com/portal.php?uid=306
最新コメント
[01/07 千]
[01/07 しころ]
[06/29 黒影米]
[12/03 猪]
[07/09 かくうん]
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者アナライズ
植物図鑑
Copyright ©  -- 武蔵一族 くのいち千のブログ ~千里の道も~ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]